子供にとって兄弟は必要?【写真付】2人目育児の良かった点・不安な点

子育て

こんにちは!

子育てママのために節約ブログを運営しているtomoです。

兄弟をつくってあげたいけど金銭面が心配…

兄弟を希望するがなかなか上手くいかない

自分の仕事に穴を開けたくなくてなかなか踏み出せない

1人目でも精一杯なのにやっていけるのか不安

子供兄弟問題に関しては色々な事情があるかと思います。

子供にとって兄弟は必要か、必要ないかこれは答えがありません

兄弟をつくってあげる」「一人っ子でいく」第一子が生まれて家族構成を考えるのは自然なこと。

そこで今回は2人目育児真っ只中の私が

  • 2人目育児に勇気が持てない方
  • これから2人目育児が控えている方

に少しでも参考になるよう、兄弟がいて良かったなと思う部分と不安な部分について紹介します!

お金事情から生活面まで我が家のリアルをお伝えしていきますのでぜひご覧ください^^



我が家の兄弟構成は

お兄ちゃん▶︎3歳(保育園児)
妹▶︎1歳(春から保育園児)

異性の兄弟なのですが今のところその差は感じられません。笑

では早速、兄弟がいて良かったなと思う部分を紹介します!

  • 子供同士のやり取りが可愛らしい
  • 下の子に手がかからない
  • かかるお金が少ない
  • 上の子が優しくなる

現在思いつく限りではこんな感じ。

1.子供同士のやり取りが可愛らしい

本当に見てて微笑ましい♡

毎日の疲れも兄弟2人で仲良く遊んでいる姿を見ると自然と癒されます^^

ライオンキング鑑賞

上の子も下の子も遊び相手がいるので「ママ〜」と寄ってくる回数が減ります

どっちか1人が寄ってきたら片一方も嫉妬なのかなんなのか必ず寄ってきますが。笑

常に2人で1セットって感じです^^;

上の子が下の子に食べさせてくれたり

上の子は初めは赤ちゃん返りなど2人目育児の悩みがありましたが今ではお兄ちゃんらしく妹のお世話と一番の遊び相手になってくれいるのでとても助かってます

▷▶︎2歳差育児の壁”赤ちゃん返り”をどう乗り越える?解決策を紹介!

2人ともまだまだ子供ですからオモチャの取り合いなどで兄弟喧嘩は勃発しますがそれでも仲良く遊んでる方が多いです。

▷▶︎2人目育児にイライラ爆発!育児のイライラを抑える方法とは?

1人目の時を振り返るといつも遊び相手はママで、ママも忙しくなかなか遊びに付き合いきれない中でお兄ちゃんがいる下の子は幸せだなと見てていつも感じています。

2.下の子に手がかからない

お兄ちゃんの協力もありますが、2回目の育児という慣れやママの気持ちがそう感じさせるのかもしれません。

上の子の時と全く同じようにはいかないけれど何故か下の子は手がかからないと周りでもよく聞きます。

我が家でもそうで、下の子は一人で勝手に寝てくれるしご飯も好き嫌いなくよく食べる

下の子に関しては抱っこで寝かしつけたことはほぼ無いです。笑

上の子は夜中も2、3時間おきに起こされて授乳からの抱っこで寝かしつけ、ママの体力は極限状態だったのに…

おかげさまで2回目の育休は有意義な時間を過ごさせていただいております!

▷▶︎2人目の育休どう過ごす?節約しながら社会に置いていかれない時間を過ごす

常にお兄ちゃんの真似をしてるので成長も早い気がします

「バイバイ」「上手、上手(パチパチ)」「おいしー♡」はお兄ちゃんが教えてくれました。

親が教えなくても上の子の行動を見て成長してくれるのはありがたいです^^

3.かかるお金が少ない

小さいうちはそこまでお金はかかりません。

下の子は特にそう

子供が食べる量なんて子供2人で大人1人分みたいなもんだし外食する回数を減らせば食費の節約が可能。

性別は違くても小さいうちはお下がりを使っても問題ないですし、同性の兄弟なら大きくなってもお下がりを使い続けられるのも節約ポイント★

▷▶︎大物のベビー用品はレンタルすれば?節約育児で将来に備える!

下の子の保育料はうちの自治体ではなんと無料

2019年10月から3歳児以上の保育料が無償化となりましたが通常3歳未満は保育料がかかります。

▷▶︎3歳になったのに保育料がかかってるんだけど!よく知らない保育料無償化の話

しかし3歳未満第2子は違います

自治体によって異なりますが半額や無料に

最も保育料の高い0歳〜2歳児の保育料が半額や無料になるのは嬉しい話。

▷▶︎保育園見学はどこを見る?長い保育園生活を充実させるために

このように小さいうちは上の子ほどお金がかからないので将来の教育資金のために貯金は今がチャンス!!

▷▶︎教育資金どう貯める?学資保険のメリットとデメリット

子供が小さな時から長期間に渡ってコツコツ貯めていけば大丈夫^^

時間はあります。

交通費、部活、一人暮らしの生活費、学費などでお金がかかってくる高校や大学が怖いですが…笑

4.上の子が優しくなる

自分より小さい子がいつも近くにいるからか、保育園でも自分より小さな子にはソフトタッチで触れたり優しく関わっているらしいです(先日の個人面談にて)。

やはり自分より小さな子と普段関わりがない子は力の加減が分からず強めに押してしまったりしてしまうらしいですね。

確かに上の子は下の子に優しくて、いつも自分の遊んでいるオモチャに妹が寄ってきて「よこせ!」とせがむのですが、妹を突き飛ばしたり暴力を振るうことはありません

ちゃんと言葉で「今、お兄ちゃんが使ってるよ!」と主張します。

それでも折れないのが妹。笑

貸してくれないお兄ちゃんの腕を掴んでガブっ!!

自分の方が強いと分かっているのに噛まれても踏まれてもやり返さず笑いながらかわすお兄ちゃん、自分の好きなアイスも妹のために率先して分けてあげるお兄ちゃん、とても逞しいです!

わざと負ける兄。笑

このままお兄ちゃんは優しく、妹はもう少しお兄ちゃんを敬って、将来何かあった時は互いに助け合える関係性で育って欲しいですね^^



子供2人分の教育費はどうなる!兄弟がいて不安な点

兄弟がいて幸せだな〜♡と思う反面、不安な点ももちろんあります。

  • 進学のための教育資金
  • 兄弟の関係性

多くは金銭面^^;

1.進学のための教育資金

大学や専門に行くことは絶対ではないですが多くの学生が高校卒業後に進学している以上うちの子も進学する可能性があります。

お金がないからって行きたい学校を断念させるのも酷だし…

大学にかかる授業料などのデータ▼

引用元:nomu.com公式HP

どんな道に進むか分からないけど国立大学に進んだとして初年度は約242万円に一人暮らしの生活費。

約300万円の貯蓄が必要×2人分!!

現状では家計破綻です^^;

ということで記事前半にもお伝えしたように子供が小さい時に貯金を始めるのが大事

私はいくつかの方法に分けて教育資金の貯蓄を始めましたが、その中の一つに1万円から始めるプロレベルのおまかせ資産運用【THEO+[テオプラス] docomo】というものもあります。

この方法の魅力は

  1. 銀行より増える
  2. 投資初心者でも利用できる
  3. 長期的な貯蓄で利益が期待できる

もちろん確実な方法として銀行にも入れていますが、なんせ銀行は増えないので投資にも少しお金をまわして少しでも教育資金が増えるように工夫をしています。

・投資をしたことがない初心者
・家事や育児、仕事に忙しい方
・大きな金額を投資にまわせない方

におすすめ。

ちなみに私も投資初心者ですが今のところ好調期から少し下がりましたが+3.8%とプラスに転じています。

月1万円で始められるし株の売買や銘柄の選択まで全てお任せできるから初心者には始めやすい!

▷▶︎損しないの? THEOの気になる口コミと評判!

低金利の現代だからこそ色んな貯蓄方法でお金を貯めていかないと損。

教育資金だけでなく女性の方は特に”長生き100歳時代”

生きることもリスクなのでしっかりと将来のために今から備えておきましょう!

 

子供が高校を卒業するまでまだ時間はあるので出遅れ世帯にならないように今からコツコツ貯金★

どんな道に進もうと親は全力で応援するよ!

2.兄弟の関係性

兄弟仲が悪くなると将来私たち親が亡くなった時の遺産トラブルや介護の兄弟間トラブルが心配…

親の私たちもトラブルにならないように対策はするけどさ。汗

遺産や介護、関係なく仲が悪いと助け合うべき場面でも助け合うことが出来ないのでやっぱり仲が良いのが一番。

反対にうちは異性の兄弟ですから一線を越えるほど親密になられると困りますが。笑

大人になっても仲良くいてほしいなと思います。



兄弟がいる家庭、一人っ子家庭の声を集めました★

他、子供がいる家庭では「兄弟がいる」「一人っ子」でどのように感じているのでしょうか。

兄弟がいる家庭

兄弟ならではのエピソードですね!

兄弟間で社会性も磨かれます^^

兄弟ならではの騒がしさが想像できます。笑

年の差が近いとお兄ちゃんもまだまだ甘えたい年頃。

お兄ちゃんが甘えられる環境も作ってあげる必要がありますね。

一人っ子家庭

一人っ子ママの悩みが垣間見えましたが、子供は小学生くらいになると兄弟だけでなくお友達と遊ぶ機会が増えるので大丈夫^^

逆にママを独占できるのでhappyですよ♡

好きなものを独り占め出来るのは最高です♡

確かに下の子はそんなに手がかからないとはいえ子育ての大変さはあります。

子供に寂しい思いをさせるなら一人の子供にたくさんの愛情を注ぐ選択も全然アリだと思う。

冒頭にもお話ししたようにどちらが良いという答えはありません。

どんな家族構成であろうと子供には十分な愛情を持って育てていきたいですね^^

子どもの人数によって引け目を感じることはありません。

まずは今ある家庭での日々を楽しみましょう♪

最後までご覧いただきありがとうございました。



tomo10829

205,347 views

AFP/FP取得し保険会社に勤務しているワーママ。 日々の生活の中で発見した節約情報や子育て経験を記事にしています。 特に保険の見直しによる節約を得意とする...

プロフィール

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。