生命保険の定期と終身…みんなはどうしてる?一目瞭然!選び方のポイント

保険

こんにちは!

FP資格を活用して節約ブログを運営しているtomoです。

生命保険を選ぶに当たって一つの検討材料となるのが『定期』か『終身』か。

みんなどういう持ち方をしてるんだろう…?

気になったことはありませんか?

人様の保険事情を聞く機会はそうそうありませんよね^^;

その点、私は色々な職業の方の保険をコンサルティングさせていただいておりますので世間一般の方がどういう生命保険の持ち方をしているのか概ね分かります。

そこで今回は私の経験と知識を持って皆様に

  • 定期終身の違い
  • 互いのメリットデメリット
  • 選び方のポイント

をご紹介します!

今後の生命保険選びと保険の見直しにぜひお役立てください^^

\ お金のプロに何度でも無料で相談 /



先に結論を述べておきますが、生命保険は「定期がいいのか」それとも「終身がいいのか」迷ったりもしますがこれに関しては答えはないというのが答えです。

(ややこしいな、おい。笑)

というのも、生命保険加入時の家計状況だとか加入時の家庭状況によって「定期」と「終身」選ぶ保険が違ってくるからです。

ちなみに私が仕事をする上で見させていただく保険の加入状況を見ると、我が家のような小さな子供がいる家庭では定期保険で持っている方が比率としては多いですね。

そして医療保険だけは終身で持っている方も見られ、定期終身を上手く併せ持つ持ち方が一般的なようです。

定期だけという方は公務員の共済をお持ちの方以外はあまりいらっしゃらない印象です。

▷▶︎警察官がいる家庭ではどうしてる?共済を使った賢い持ち方

ただし、生命保険は加入したらOK♪というものではなくライフスタイルによって変化していくものなのでその都度見直しが必要。

だから、生命保険はめんどくさいし難しい…

忙しい毎日に小難しい生命保険の見直しなんていちいちやってられないよ!って方はお金に関すること全て相談できる最強パートナーのFPに相談してみてはいかがでしょうか?

FPとはファイナンシャルプランナーのことで保険相談だけでなく家計診断や住宅ローンのこと、資産形成のことなどお金に関すること全ての知識を兼ね備えています。

色んな視点からその人に合った保険アドバイスをしてくれるので無駄がない。

時には生命保険のことだけでなく老後資金形成のアドバイスをくれたりと、きっと〇〇家の経済は信頼できるFPが1人いると健全に保つことができるでしょう。

そんなFPに無料で何度でも相談できるサービスが【保険チャンネル】です。

保険の窓口のような店舗型ではなくFPに直接予約を入れるので自分の都合のいい時間や場所を指定することが出来ます。

  • 仕事が忙しい方
  • 小さな子供がいるママ
  • 近くに窓口がない方

にとっては使いやすいサービスです。

生命保険の知識が浅く自分で考えるのが億劫な方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

 

もし、担当FPが合わないなと感じたらFPを変更することも出来ますし相談は何度でも無料なので試しに利用する価値はあるかと^^



【生命保険】定期と終身、何が違うのか

生命保険の定期と終身はお互いがメリットデメリットを補うかたちになっています。

では、どういった違いがあるのか説明していきます。

 定期終身
保険料安い高い
保険期間一定一生涯
解約返戻金ほぼ無しある
(無しもある)
保険料支払期間一定一生涯
(一定もある)

大きな違いはこのようになっています▲

定期保険とは

引用元:生命保険文化センターHP

 

定期保険は契約から満期までの一定期間しか保険機能がありません。

(満期を60歳までと設定したら60歳以降は保険は使えない)

いわば”期間限定の保険”なので保険料も安く済みます。

定期保険の中には設定した時期がきたらその都度保険を更新して、ある一定の年齢まで継続していく更新型保険もあります。

▷▶︎更新型保険で更新できないケースって?加入前に知っておくべき注意点

【定期保険の代表例】
・死亡保険
・収入保障保険
・就業不能保険
・養老保険

▷▶︎就業不能保険って何?自営業の方におすすめ生活費の救世主

定期保険では途中で解約すると手元に戻ってくるお金はゼロか、あったとしてもごく僅か。

その分、保障の厚い保険を安く持てるので定期保険はそういうものだと認識しておきましょう。

終身保険とは

引用元:生命保険文化センターHP

 

終身保険は期限が無いので自分が死ぬまで保険を持つことができます

しかし、定期保険と同じ保障内容を終身保険で持とうとすると保険料は高額になります。

【終身保険の代表例】
・死亡保険
・医療保険
・がん保険

▷▶︎医療保険って必要?医療保険が必要な人不要な人

終身保険の中には「いつまで保険料を払うか」を設定できるものもあります。

  • 一生涯払い続ける
  • 〇〇歳で払い込みを終える

保険料的には「〇〇歳で払い込みを終える」を選択すると毎月の保険料は高くなります。

そして解約返戻金は定期保険と違って基本的にある程度戻ってくるのですが、中には”無解約返戻金型”の終身保険もあるので注意して見てみましょう。

解約返戻金にこだわりがない方は無解約返戻金型終身保険の方が保険料を安く抑えられますよ^^

\ お金のプロに無料で相談 /



生命保険の定期と終身のメリットデメリット

定期と終身の違いが分かったところでそれぞれのメリットとデメリットをまとめていきます。

定期のメリットデメリット

定期保険のメリットは

  1. 保険料が安い
  2. 保障が大きい
  3. 見直しがしやすい
  4. 保険料を払い続けなくて良い

デメリットは

  1. 満了後の保険がない
  2. 更新型の場合徐々に保険料が上がる

終身のメリットデメリット

終身保険のメリットは

  1. 一生涯の保障がある
  2. 保険料が上がらない

デメリットは

  1. 保険料が高い
  2. 保障が小さい
  3. 見直ししづらい
  4. 終身払の場合保険料を一生払い続ける

こうしてまとめてみるとお分かりのように、お互いのメリットデメリットを補う関係にありますね!

なので、定期と終身を併せ持った保険プランだとどちらのリスクにもある程度対応できバランスが良くなりますよ♪

ちなみに、持っている保険の中で終身が多い場合は見直しで保険料の節約ができる可能性大▼

\ 保険の見直しに迷ったらFPに相談 /



生命保険、定期か終身で迷ったら…選び方のポイント

定期保険が良いのか終身保険が良いのか、これは冒頭でもお話ししたように人それぞれ違います。

ですが今回は、こういった方はこっちがおすすめといった一例をご紹介します。

あくまで一例ですので参考として見ていただければと思います。

定期がおすすめな人

  • ファミリー世帯の方
  • 若くて収入が多くない方
  • 少しでも保険料を抑えたい方

定期保険は安くて大きな保障を持てることが一番の魅力なので、小さな子供がいて万が一の時のリスクが高い方にはピッタリの保険です。

次いで、保険料が比較的安いので貯金も少なく家計に負担を掛けたくない若年層の方の万が一の時にも役立ちます。

また、事情により保険にお金をかけられない時期でも一時的な措置として定期保険は有効。

ネットで加入すれば月数百円で保険が持てますし、解約返戻金がない分いつでも見直しがしやすいので家計に余裕ができた時に終身に移行することも可能です。

▷▶︎手続きもLINEで完結!めんどくささを一切排除したLINEほけんとは?

終身がおすすめな人

  • 一生涯保障で安心したい方
  • ある程度保険料の捻出ができる方
  • 保険を持ちながら貯蓄もしたい方

終身保険の魅力は一生涯保障が持てること。

将来を見越して多少家計がきつくなっても終身保険を持ちたいと思う若年層の方もいますし、ある程度の収入がある40代50代で終身型へ移行する方もいらっしゃいますが加入する時期はその方の家計状況と考え方次第です。

どちらの方法も間違いではありません。

ただし年齢を重ねてからの新規加入は『健康上お断り』なケースもあるので注意しましょう。

▷▶︎患者数増加中!精神疾患は保険に加入できない?見直しはできる?

中でも医療保険は年齢を重ねるごとに使う機会が増えることから初めから終身で持つ方が多いようです。

他、多いのは将来の自分のお葬式に遺族が困らないように200〜300万円程度の死亡保障を終身で持っている方。

ガン家系の方ですと遺伝で自分も生涯のうちいつかは罹患する可能性が高いからとがん保険を終身で持つ方もいらっしゃいます。

このように人それぞれ考え方やお財布事情は違うので、この記事を参考に自分はどちらを持ちたいのか検討して頂ければと思います^^

さらに個人的なアドバイスが欲しい方はこの記事で紹介した【保険チャンネル】がおすすめ!

見直しが必要ないと思っている方も相談で保険料を節約できるかも

 

最後までお読みいただきありがとうございました。



tomo10829

228,579 views

AFP/FP取得し保険会社に勤務しているワーママ。 日々の生活の中で発見した節約情報や子育て経験を記事にしています。 特に保険の見直しによる節約を得意とする...

プロフィール

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。