• HOME
  • ブログ
  • 子育て
  • 【育休中の年末調整】共働きでも配偶者控除が受けられる?誰も教えてくれない税金のこと

【育休中の年末調整】共働きでも配偶者控除が受けられる?誰も教えてくれない税金のこと

子育て

こんにちは!

子育てママのために節約ブログを運営しているtomoです。

突然ですが

共働きでも産休育休中は配偶者控除を受けられる

って知ってました?

私がそれに気付いたのは2回目の育休の時(まさに今。笑)

▷▶︎2回目の育休で実践した社会に置いていかれない過ごし方とは?

3年前の1回目育休についても遡って還付が受けられるということで今回は

  • 年末調整で申請可能!配偶者控除について
  • 年末調整に間に合わなかった時の対処法
  • 年末調整の控除申請の書き方

についてご紹介していきます!

知らずに育休を過ごした方、これから産休育休に入られる方、共働きの方はぜひ参考にしてみてください。



育休中の年末調整は配偶者控除を忘れるな!

バリバリ働く共働き世帯は配偶者控除とは無縁なので育休中でもいつも通り申請せず提出しがち。

でも実は育休中は配偶者控除申請ができ税金の負担を軽くすることができるんです!

▷▶︎知ってる?保険料控除のこと。損しない保険の入り方

これから産休育休に入られる方は覚えておくといいですよ^^

2018年に配偶者控除の改正が行われ、配偶者の年収が150万円を超えなければ”配偶者控除”を受けることが出来ます。

さらに201万6,000円未満なら”配偶者特別控除”を受けられます。

確認!

夫の収入が1,220万円以下であることが前提

産休育休中に受け取る

  • 出産手当金
  • 出産育児一時金
  • 育児休業給付金

非課税で税金がかからないお金なのでカウントは不要

それ以外の収入が201万6,000円未満の場合に配偶者控除を受けられます。

控除を受ける側(夫)の年末調整時は忘れずに配偶者控除の申請をしてもらいましょう!



年末調整で配偶者控除をするといくら戻るのか

気になる控除額と具体的にいくら戻ってくるのかを確認してみましょう!

例えば控除を受ける側(夫)の年収が400万円でその配偶者(妻)の年収が150万円以下の場合は…

所得税&住民税で10万9,000円の節税

この金額は大きいですね!

配偶者控除の控除額は38万円をMAXとして互いの年収によって異なります

配偶者控除【所得税】

配偶者(妻)の年収が103万円以下であることが前提。

夫の年収控除額
1,120万円以下38万円
1,170万円以下26万円
1,220万円以下13万円

配偶者控除【住民税】

配偶者(妻)の年収が103万円以下であることが前提。

夫の年収控除額
1,120万円以下33万円
1,170万円以下22万円
1,220万円以下11万円

配偶者特別控除【所得税】

配偶者(妻)の年収が103万円を超えてくる時は”配偶者特別控除”の適用となる。

 夫の年収
1,120万以下
1,170万以下1,220万以下
妻の年収
103万円超150万円以下
38万円26万円13万円
155万円以下36万円36万円12万円
160万円以下31万円21万円11万円
166.8万円以下26万円18万円9万円
175.2万円以下21万円14万円7万円
183.2万円以下 16万円11万円6万円
190.4万円以下 11万円8万円4万円
197.2万円以下6万円4万円2万円
201.6万円以下 3万円2万円1万円

配偶者特別控除【住民税】

配偶者(妻)の年収が103万円を超えてくる時は”配偶者特別控除”の適用となる。

 夫の年収
1,120万以下
1,170万以下1,220万以下
妻の年収
103万円超155万円以下
33万円22万円11万円
160万円以下31万円21万円11万円
166.8万円以下26万円18万円9万円
175.2万円以下21万円14万円7万円
183.2万円以下16万円11万円6万円
190.4万円以下11万円8万円4万円
197.2万円以下6万円4万円2万円
201.6万円以下3万円2万円1万円

控除を受ける側(夫)とその配偶者(妻)、それぞれの年収に当てはまるところを探し出してみてください。

出てきた控除額に控除を受ける側(夫)の所得税率、住民税率(一律10%)それぞれをかけると具体的な還付金額が算出されます。

引用元:国税庁HP

ちなみに…所)控除額38万円×20%=7万6,000円
住)控除額33万円×10%=3万3,000円
合計10万9,000円

年末調整で申請を忘れたからといって放置するのはあまりにも勿体無い!!



年末調整で配偶者控除を忘れてしまったら…

「うっかり忘れていた」「知らずに過ごしていた」でも大丈夫!

対処法は3つあります。

  1. 年末調整のやり直し
  2. 確定申告
  3. 還付申告

過去に産休育休を取っていて配偶者控除の申請をしていなかったという方も納め過ぎた税金を取り戻せるかもしれません!

1.年末調整のやり直し

年末調整の際、もし記入漏れや間違いがあった場合は会社に申し出て修正が可能です。

期限原則翌年1月31日まで

会社の年末調整担当者に迷惑をかけてしまうことになるので間違いに気付いた段階ですぐに報告をしましょう!

2.確定申告

年末調整に間に合わなかった場合は確定申告に行くことで控除を受けられます。

期限翌年3月15日まで

会社から発行される”源泉徴収票”があれば会社員でも申請可能!

3.還付申告

受けられる控除があるにも関わらず申請をせず、還付を受けられなかった場合に”還付申告”を行えば納め過ぎた税金を還付してもらえます。

期限該当する年の翌年1月1日から5年間

会社から発行された”源泉徴収票”など必要な書類を用意し確定申告書と合わせて提出しましょう!

対処法があるとはいえ年末調整で漏れなく行うのが一番楽な方法なので忘れずに申告を行いましょうね。



3STEP!年末調整の配偶者控除申請の書き方

配偶者控除を受けるための記入方法はとっても簡単

記入の仕方3ステップ

1.扶養控除等申告書を用意
2.必要事項を記入
3.配偶者情報を記入

年末調整時期を前に会社から渡される扶養控除等申告書を用意します。

下記、青で記した箇所が控除を受ける側(夫)、赤で記した箇所が配偶者(妻)の情報記入箇所。

引用元:国税庁HP

本人だけでなく配偶者の個人番号も必要なので事前に確認しておきましょう。

配偶者の所得の見積額は予想でOK。

収入とは…パートなどの収入だけでなく生命保険や損害保険などの保険金も収入になるので要注意!

大きな還付を受けられる配偶者控除。

バリバリ働く共働きでも産休育休中は配偶者控除を受けないと損しますよ!

忘れずに申請を行いましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。



tomo10829

231,647 views

AFP/FP取得し保険会社に勤務しているワーママ。 日々の生活の中で発見した節約情報や子育て経験を記事にしています。 特に保険の見直しによる節約を得意とする...

プロフィール

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。